地域に伝わるうさぎの恩返し

福岡市営地下鉄・姪浜駅の南口前に、大きな波のモニュメントがあるのをご存じでしょうか?実はこのモニュメント、姪浜地区に伝わる昔ばなしをモチーフに制作されています。

待ち合わせの目印になります。

龍王うさぎの伝説

『その昔、宋(中国)の国で学問を修めた大応国師という僧が帰国の途中、雪深い山の中で狼に追われていたうさぎを助けて船に乗りました。玄界灘で船が暴風雨に遭い、いまにも難破しそつしなったとき、そのうさきが荒れる海に身を躍らせました。すると荒波がピタリとおさまって、大応国師の一行は無事姪浜の港に帰ることができました。ほっとして空を見上げるとろさぎがきらきらと金色に光り輝いて、空高く舞い上がったかと思うと、やがて龍王の姿となって天に消えていったのでした。』

なんともハートウォーミングなお話です。うさぎが龍に変化する話ははじめて聞きますね。鯉が龍になるのは聞いた事がありますが。住吉神社ではウサギが神使とされていますが、姪浜にも住吉神社があるし、地域の民話ということで何か関係しているのかもしれませんね。

西区役所が制作しているガイドマップによると、なんとこのうさぎが龍に代わって天に消えた現場が姪浜にあるそうです。早速、現場のある唐津街道の姪浜宿へ。
この辺りは昔は姪浜千軒といわれるほど栄えた宿場町でした。

宿場の西入口付近にそれらしき看板発見!これは分かりづらいなぁ。

路地を奥に入っていくと、アパートと民家の隙間に広場のようなスペースがあり、奥にそれらしき祠がありました。名称は館となってますが吹きさらしですね。

残念ながら鍵が閉まっていて中を見る事はできません、祭事の時に開くようです。それにしても、駅前にあんなに立派なモニュメントを作るなら、こちらもせめて案内板とか設置して欲しい。事前に調べてこないと何の祠なのか全く分かりませんね。

物語に出てくる大応国師は実在の人物で、南浦紹明(なんぽしょうみょう)という鎌倉時代の臨済宗の僧侶です。南宋から帰国した後、姪浜に興徳寺を開いて禅の教えを広めました。その後も全国へ布教を続けて、あのとんちで有名な一休さんにも大きな影響を与えたといわれる名僧です。興徳寺は龍王館から徒歩2~3分でいける所にあります、立派な庭園がある写真スポットとして有名です。

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックお願いします。