旅の僧を泊める禅寺の宿泊施設

唐津街道から少し外れて路地を進むと、興徳寺の旦過寮があります。

外観

旦過寮はお寺に来た旅の僧をもてなす宿泊施設で、大きなお寺には大体設備として備わっていますね。

説明板

こちらの旦過寮にはだるまがまつってある為、旦過だるま堂と呼ばれているようです。歴史は相当に古く鎌倉時代に創立、そして領内に室町時代に作られた石塔まであります。

五十石塔

こちらが室町時代作の石塔、柔らかい姪浜石(砂岩)で作られています。その為、かなり風化しています。

あれ?神道の施設でよくおみかけするものですが、お寺にもあるのですね。

福岡市の文化財に指定されている仏具があるそうです、しかし中に保管されているようで見学できませんでした。

他にも、石仏がならんでいます。なぜか隣にはお墓らしいものもあります・・・

隣には別の建物と繋がっていて連結していますね。車も停まっているし、現在も活用されているようです。

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックお願いします。