大友氏による志摩郡支配の拠点となった城

福岡市西区今津の柑子岳城跡に行ってきました。
標高254mの柑子岳に築かれた山城で築城時期は不明だそうです。大内氏の居城でしたが大友氏が奪い、永禄年間(1558~1570)に大友宗麟が改築しました。筑前國風土記の巻23にも「永祿年中大友宗麟より、富郡小金丸の親山と、柑子岳に城を築き、(中略)宗麟の一族、臼杵新助鐘廣と云者を置く」と書かれています。

別名・草場城

以後、高祖山城主の原田氏と激闘を繰り広げます。1572年の原田氏との池田川原合戦に敗れた時の城代・ 臼杵進士兵衛鎮は自刃。臼杵鑑続が城代となります。1579年の生松原合戦で大友方が敗れると立花山城に退いて、廃城となったそうです。

一ノ谷登り口から時計回りに登りました。
途中にある白木神社
スタート

前回、立花山の傾斜の大きさに苦戦しましたが、この柑子岳は、それをはるかに凌駕していました。
踏み台が無ければ途中で断念していたと思います。

見上げるほどの急勾配。梯子を伝って行く感覚でした
上から撮影。滑落したらスタート地点まで戻りそう

40分ほど進むと山頂に到着しました。ここが本丸で、上ノ城と呼ばれています。

やっと山頂だ、、、
今宿の海岸線が見えます
本丸の広さは東西15m、南北200m

 

良い眺めです

柑子岳城は山頂の上ノ城と尾根上を利用した下ノ城で構成されていました。
山頂から5分ほど下ると下ノ城に到着。

下ノ城 は東西40m、南北80m
下ノ城からも今津の弓なりの海岸が見渡せます
にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックお願いします。