侍屋敷や漆喰塀などが残る町並み

豫章館を後にして城下町を散策してみます。
この飫肥の町並みは昭和52年に「地方における小規模な城下町の典型的なものとして侍屋敷の歴史的風致をよくあらわし、我が国にとってその価値は高い。」と、伝統的建造物群保存地区に指定されました。

おび天も気になりますが、散策、、、
美しい石垣が広がります

小村寿太郎の生誕の地、生家、記念館

飫肥藩といえば、明治外交の巨星である小村寿太郎ですね。15石取りの下級武士の家に生まれましたが、勉学に励みハーバード大学に留学。日露戦争の講話条約でるポーツマス条約の締結に尽力しました。

小村寿太郎生誕の地。小村家は破産して引っ越しします
1921年に引っ越したお家
きれいに改修されています
近くには小村寿太郎記念館があります
館内。日英同盟の締結にも活躍しました

飫肥藩の藩校・振徳堂

1831年に13代藩主・伊東祐相によって創立。小村寿太郎もここで学びました

振徳堂

飫肥城下は、江戸時代の建物や石垣を多く残していて、フリーズドライで保存されたような町でした。歩いてて本当に楽しい。

脇道もいい感じです

年内の私の記事は今回で最後になります。まだまだ訪れたい場所がたくさんありますので、来年もよろしくお願い致します。みなさん、どうぞ良いお年をお迎えください。

投稿者

arahira

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です